株初心者は特定口座と一般口座のどちらを選ぶべき?

株式投資の始め方

株初心者は特定口座と一般口座のどちらを選ぶべき?

・株を始めるのに口座開設を申し込んでるんだけど、特定口座と一般口座のどっちを選べばいいの?そもそも何が違うの?

・源泉徴収の「あり」と「なし」のどっちを選べばいいの?そもそも源泉徴収って何?

こんにちは、サラリーマン個人投資家の有馬です。今回は「特定口座」と「一般口座」について解説します。

結論から言ってしまうと、株初心者は「特定口座」の「源泉徴収あり」を選びましょう。「株初心者の自分はどっちがいいんだろう」と悩む必要はありません。即決で大丈夫です。

これで本記事が終わってしまっても良いのですが、もう少し踏み込んで解説します。

この記事を読むメリット

  • 特定口座の源泉徴収ありを選ぶべき理由が分かる
  • 特定口座と一般口座の違いが分かる
  • 源泉徴収ありと源泉徴収なしの違いが分かる

ではいきましょう。

株初心者は特定口座と一般口座のどちらを選ぶべき?

株初心者は特定口座の源泉徴収ありを選びましょう。理由はいちばん楽だから。以下、詳細を記載しました。

特定口座と一般口座の違い

「特定口座」と「一般口座」とは

  • 特定口座:証券会社 が損益計算する取引口座
  • 一般口座:投資家  が損益計算する取引口座

「特定口座」を選んだ場合、証券会社が1年間の株取引で生じた損益の計算をしてくれます。投資家(自分)が株取引の損益結果をまとめる必要がありません。

証券会社が損益の計算をした結果は「特定口座年間取引報告書」として投資家へ送付されます。

ココがおすすめ

特定口座を選んでおけば、損益計算する手間がなくなる

 

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の違い

源泉徴収の「あり」と「なし」とは

  • 源泉徴収あり:証券会社 が確定申告する
  • 源泉徴収なし:投資家  が確定申告する

「源泉徴収あり」を選んだ場合、証券会社が確定申告をしてくれます。投資家(自分)が確定申告する必要がありません。

ココがおすすめ

源泉徴収ありを選んでおけば、確定申告する手間がなくなる

「源泉徴収なし」を選んだ場合、確定申告する必要があります。「特定口座年間取引報告書」に基づいて確定申告書に記入し、税務署に提出します。

まとめ

以上、まとめておきましょう。

今回のまとめ

  • 株初心者は特定口座の源泉徴収ありを選ぶべき
  • 「特定口座」は損益計算する手間がない
  • 「源泉徴収あり」は確定申告する手間がない
   

今回は以上です。

-株式投資の始め方

© 2020 有馬アヤトの株ブログ Powered by AFFINGER5