【低PBR=株の買い時はウソ!?】PBRの意味を分かりやすく解説

株の知識

【低PBR=株の買い時はウソ!?】PBRの意味を分かりやすく解説

PBRって何?どういう意味があるの?PBRが低いと割安になってるから株の買い時って聞いたけどホント?

こんにちは、サラリーマン個人投資家の有馬です。今回はPBRの意味について分かりやすく解説します。「PBRが低いときは株の買い時である」と判断するのは間違いです。

この記事を読むメリット

  • PBRとは何なのかが分かる
  • PBRの意味をイメージできる
  • 「PBRが低い=株の買い時である」はウソである理由が分かる

 

ではいきましょう。

 

【低PBR=株の買い時はウソ!?】PBRの意味を分かりやすく解説

PBRとは「株価が割安かどうかを判断する指標」

PBRとは株価が割安かどうかを判断する指標の1つです。

  • PBRが低い ⇨ 株価が割安である可能性がある
  • PBRが高い ⇨ 株価が割高である可能性がある

 

「割安かどうかを表す指標」という意味ではPERと同じ。別記事でPERについて解説してます ↓

【低PER=株の買い時はウソ!?】PERの意味を分かりやすく解説
【低PER=株の買い時はウソ!?】PERの意味を分かりやすく解説

続きを見る

 

PBRはPrice Book-value Ratioの略語。日本語では「株価純資産倍率」と呼ばれます。

 

PBRだけで株の買い時を判断してはいけない理由

PBRが低いと割安なら、PBRが低い銘柄の株を買えば良いってこと?

「PBRが低い = 割安である」は間違い。

正しくは「PBRが低い = 割安である可能性がある」です。

 

PBRが低いからと言って、株の買い時であると判断してはいけません。理由は「業績が振るわないor成長性が乏しいと、株価が下がってPBRも下がるから」です。  

ココがポイント

「PBRが低い = 割安である」は間違い。

「PBRが低い = 割安である可能性がある」が正解。

 

PBRを計算する方法

PBRは株価を1株あたりの純資産で割ると計算できます

【低PBR=株の買い時はウソ!?】PBRの意味を分かりやすく解説

現在の株価が純資産に対して割安かどうかを表してます。

 

純資産とは企業の総資本から負債を引いた金額のこと。企業が返済する必要のない金額です。

「業績が振るわないor成長性が乏しいと、株価が下がってPBRも下がる」ことが、計算式からも推測できます。

 

  • 株価が下がる  ⇨ PBRは下がる
  • 純資産が増える ⇨ PBRは下がる

 

PBRで株の買い時を判断するときのポイント

じゃあPBRを見ても意味ないの?PBRは割安かどうかを表す指標なんじゃないの?

PBRは株価が割安かどうかを判断する指標であることは事実です。

大切なのはPBRが1.0よりも小さいけど、低すぎないこと。

PBRが0.1などの数値であれば要注意です。純資産に対する株価が下がりすぎています。

 

ココがポイント

・PBRは1.0よりも低ければ割安である

・PBEが低すぎる(0.1など)なら、割安ではない

 

まとめ

以上、まとめておきましょう。

PBRとは?

  • PBRは「株価が割安かどうかを判断する指標の1つ」である
  • PBRが低いと株価が割安である可能性がある
  • PBRが高いと株価が割高である可能性がある
  • PBRは「株価を1株あたりの純資産で割ったもの」

今回は以上です。

-株の知識

© 2020 有馬アヤトの株ブログ Powered by AFFINGER5