【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

株ブログの始め方

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

WordPressの設定を変えようとしたら「403 Error」っていうのが表示されて設定が変更できない。なんだこれ?

こんにちは、サラリーマン個人投資家の有馬です。今回はWordPressの設定を変更する時に出てくる403 Errorの対処方法について、8枚の画像で図解します。

本記事を読めば以下のことができます。

  • 403エラーを出さなくする方法が分かる
  • ロリポップでWAFの設定を変更する
  • 403エラーが何なのか分かる
  • WAFが何なのか分かる

ではいきましょう。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

ロリポップでの403エラーの対処手順

まずは ロリポップ! の公式サイトにアクセスします。

Googleから検索したい場合は「ロリポップ」と検索し、ロリポップ(lolipop.jp)をクリック。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

右上の「ログイン」から「ユーザー専用ページ」をクリック。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

「独自ドメイン」を選択。

ドメインとパスワードを入力したら「ログイン」をクリック。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

「セキュリティ」から「WAF設定」をクリック。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

該当するドメインの「設定状態」が有効になっています。

「設定変更」欄の「無効にする」をクリック。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

「無効」になりました。

この状態で5~10分ほど待つと、WordPressで設定の変更ができるようになっています。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

WordPressでの設定が変更できたら、再び「有効にする」をクリックして「有効」に戻しておきましょう。

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

 

403エラーは「アクセス拒否のエラー」

【WordPress】ロリポップで403エラーが出たときの対処法

403エラーとは「webページは存在するけど、そこにアクセスする権利があなたにはありません」という意味のエラーコードです。

WordPressの設定を変更するとき以外にも表示されることがあります。

403エラーが出る原因

WordPressで設定を変更したときに403エラーが出る原因は、ロリポップのWAFが「WordPressの設定変更が改ざんである」と検知したから。WAFが「勝手にシステムを変えないでくれ!」と誤検知したのです。

WAF(Web Application Firewall)とはセキュリティ対策システム。ファイヤーウォールの一種です。

WAFが正しく動作することで、サイバー攻撃からWebサイトを守ってくれます。WordPressの設定変更が完了したら、WAFは「有効」に戻しておきましょう。

まとめ

以上、まとめておきましょう。

  • 403エラーを出さなくするには、ロリポップでWAFを無効にする
  • WordPressの設定が変更できたら、再びWAFを有効にしておく
  • WAFとはファイヤーウォールの一種で、webサイトを守ってくれるセキュリティ対策システム

-株ブログの始め方

© 2020 有馬アヤトの株ブログ Powered by AFFINGER5