【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

NISA

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

NISAを使って積立購入をしたいんだけど、投資信託の商品ってたくさんありすぎてどれを選べばいいのか分からない。どうやって投資信託の商品を選べばいいんだろう?具体的な方法と、おすすめの商品が知りたい。
そもそも投資信託をやったことないんだけど、投資信託って安全なのかな?投資信託の怪しい商品を買ってしまわないか心配だ。。。

こんにちは、2021年から一般NISAでeMAXIS Slim 先進国株式を積立購入している有馬アヤトです。今回は楽天証券のNISA口座で投資信託を選ぶときの3つのポイントについて解説します。

実際に楽天証券のホームページに沿って解説しました。本記事を読めば、自分一人でも投資信託の商品を選ぶことができるようになります。

この記事を読むメリット

  • 投資信託の商品を選ぶポイントが分かる
  • 投資信託の商品の探し方が身につく
  • 自分ひとりでも投資信託の商品を選ぶことができるようになる

ではいきましょう。

 

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

ポイント①:インデックスファンドを選ぶ

投資信託を積立購入するのであれば、インデックスファンドを選びましょう

 

インデックスファンドとは何か?

インデックスファンドとは日経平均株価やS&P500などの株価指数(インデックス)に連動するように運用される投資信託(ファンド)です。

インデックスファンドはアクティブファンドと比べてローリスクローリターンなので長期投資に向いています。

 

インデックスファンドかどうか調べる方法

購入した投資信託がインデックファンドなのかアクティブファンドなのかを調べる方法について、楽天証券のホームページに沿って解説します。

 

楽天証券のホームページ で「商品」タブの「投信スーパーサーチ」をクリック。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

 

 

今回はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を例にして解説します。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

 

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の商品紹介ページになりました。下へスクロールします。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

 

 

「目論見書」をクリック。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

右側の「運用方針」からもインデックスファンドであることが読み取れますが、目論見書で確認しましょう。

 

目論見書って何?

目論見書とは投資信託の商品の説明書です。目論見書には投資信託の特色・手数料・実績などが記載されています。

 

 

補足分類の欄に「インデックス型」と記載されています。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がインデックファンドであることが確認できました。

 

ポイント②:手数料が安い商品を選ぶ

投資信託を長期的に積立購入するのであれば、手数料が安い投資信託を選びましょう

 

投資信託で支払う手数料とは?

投資信託の手数料は2種類あります。

投資信託の手数料

  • 買付手数料:投資信託の購入時に払う手数料
  • 信託報酬 :購入した投資信託の総額に対して年に1回払う手数料

 

積立購入を毎月1回するなら、1年に12回分の買付手数料を支払う必要があるんだね。

20年ぐらい積立購入すると、それまでに購入してきた金額の総額に対して信託報酬を支払う必要があるのか。。。

「手数料は安い方がいい」っていうのは納得。

 

買付手数料と信託報酬を調べる方法

投資信託の買付手数料と信託報酬を調べる方法について、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を例に解説します。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の目論見書で「ファンドの費用」という項目に記載されています。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

購入手数料(買付手数料)は「ありません。」と記載されているので0円です。

運用管理費用(信託報酬)は「0.0968%」です。

 

 

ポイント③:純資産残高が増加傾向にある商品を選ぶ

投資信託を長期的に積立購入するのであれば、純資産残高が増加傾向にある投資信託を選びましょう

純資産残高とは?

純資産残高とは投資信託が投資家から集めたお金の総額のこと。投資信託の規模を表します。

 

純資産残高を調べる方法

純資産残高を調べる方法について、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を例に解説します。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の目論見書で「基準価格・純資産の推移」という項目に記載されています。

オレンジ色のグラフが純資産残高です。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

純資産総額が右肩上がりで増加の傾向にあることが分かります。

 

 

【投資信託の選び方】よくある2つの間違い

間違い①:米国株を買いたいなら「eMAXIS Slim 米国株式」だ!

今後は米国株式が伸びそうだから「eMAXIS Slim 米国株式」を積立購入しよう。

「eMAXIS Slim 米国株式」を購入すると、投資した金額の100%が米国株式に割り当てられますが、他の投資信託でも米国株式の購入比率は高く設定されています

 

下記の円グラフはeMAXIS Slim 先進国株式の構成比率です。米国株式は72.2%という高い比率で購入されます。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

 

 

その他の投資信託についても米国株式の購入比率は高く設定されています。

米国株式の購入比率

  • 100.0%:eMAXIS Slim 米国株式
  • 72.2%:eMAXIS Slim 先進国株式
  • 62.6%:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 56.6%:eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
なるほど、米国株式を中心に買いたかったけど、「eMAXIS Slim 先進国株式」でも米国株式が72.2%も購入できるんだ。。。米国株式が100%じゃなくてもいいから他の商品も検討してみよう。

 

 

間違い②:分配金(配当金)ってもらえるんだよね?

投資信託の商品によっては分配金が再投資に回されるため、分配金を受け取れないものがあります

 

 

eMAXIS Slimシリーズでは分配金は再投資へまわされるため、分配金はもらえません。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

 

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の目論見書に分配金の推移が記載されていますが0円です。

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

 

 

積立購入にオススメな5つの投資信託

【楽天証券×NISA】投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

2021年の時点で、積立購入にオススメの投資信託はeMAXIS Slimシリーズです。

オススメの理由はeMAXIS Slimシリーズが業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けるファンドであるから。

 

業界最低水準の運用コストを目指す一環として、公正な比較の対象となる他社類似ファンドに係る信託報酬率が当社ファンドを下回る場合、ファンドの継続性に配慮した範囲で信託報酬率を引き下げることを基本とします。ただし、信託報酬率が業界最低水準となることを、保証等するものではありませんのでご留意ください。

”とことんコストを追求する投資信託”、eMAXIS Slim https://emaxis.jp/lp/slim/pr1/index.html(2021-2-28)

 

 

eMAXIS Slimシリーズの中からあなたが「今後、伸びていきそうだ」と考える商品を選びましょう。

・米国株式は最強だ⇒eMAXIS Slim 米国株式

・無難に投資したい⇒eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

・日本国内株式を除いて無難に投資したい⇒eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

・やはり先進国が伸びるだろう⇒eMAXIS Slim 先進国株式

・これからは新興国の時代が来るだろう⇒eMAXIS Slim 新興国株式

 

 

まとめ

以上、まとめておきましょう。

投資信託・商品を選ぶときの3つのポイント

  • インデックスファンドを選ぶ
  • 買付手数料と信託報酬が安い商品を選ぶ
  • 純資産残高が増加傾向にある商品を選ぶ

今回は以上です。

-NISA

© 2021 有馬アヤトの株ブログ Powered by AFFINGER5